(コンニャク芋販売) コンニャクイモの販売

トップページへ 麻婆豆腐  紫蘇の実のしょうゆ煮  小梅の塩漬け

こんにゃく芋の注文は下欄からです。
販売終了しました

こんにゃくの作り方

必要な材料
 コンニャクイモ …………………………  皮をむいた芋 1Kg あたり
 ソーダ(炭酸ナトリウム)………………… 40g
     (薬局で精製ソーダという商品名で売っています)
 水 ………………………………………  3〜4リットル
                            今年(2017年)水を3リットルにしたら固めで具合がいいです 
                            (これ以外に360ccくらいをソーダを溶かすため使います)
 
 
こんにゃくを固める容器……豆腐の入っていたプラスチック容器(昨年からこれに入れて固めるとかたち良く仕上がります。
1、こんにゃく玉の皮をむいて(赤い芽も取る)ミキサーに入る程度の大きさに切り、
  重さをはかる。


2、お湯360ccくらいをステンレスボールにとり、ソーダを溶かし、
  さましておく (ソーダの量はこんにゃく1Kgに対し40g))
3、こんにゃくの重さに応じた水をはかり用意する。 

4、ミキサーに適当な水と、ちいさくしたこんにゃくを入れ、粒状の物がなくなるまで
  ミキサーを回す(2,3分)。水の量は、やわらかく出るくらいがよい。
5、なべに最初上記の水の一部を入れておき、液状になったこんにゃくを
  移してかきまぜる。

6、全部なべに移し終ったら火をつけ、残った水を加えながら、しゃもじで
  かきまぜていく。(火は初めは強くしておくが、すぐ火を弱くする。
  ねばりけが出てこんにゃく色になってきたら火を止める。
  ……およそ10分以上煮る)


7、溶かしてさめたソーダ液を徐々に混ぜながらしゃもじでつぶす感じに
  かきまぜていく。しっかりかきまわすこと(かたくなるまで)
  
8.これを豆腐の入っていたプラスチックの容器に入れて形を整えます。
 
 
   
  9、さめたらまわりをペーパーナイフではがし半分に切って。十分に水を入れた
  なべ(釜)に入れる。

10、金ざるで底にくっついてこげないように時々混ぜながら、沸騰させる。
  沸騰してきたら火を弱め、30分〜60分ゆでる。こがさないように気を付けて。
 
11.茹でたこんにゃくを流し水であくをぬく  
12、食べる前に、もう一度小さく切ってゆでると、あくがぬける。

手作りこんにゃくはとてもおいしいですよ

こんにゃく芋販売します
販売終了しました

1kg 650円です

クロネコヤマト便で送ります。送料はご負担お願いします。

すーちゃにメール(こんにゃく芋の注文もメールで)


市田柿販売中 市田柿のページへどうぞ


トップページへ 麻婆豆腐  紫蘇の実のしょうゆ煮  小梅の塩漬け