2017年6月19日   日直当番:管理人A
 以前、瑠璃の里会館の猫館長の候補にあがっていた野良猫だが、どうも本人はやる気になったらしい。キャットフードを袋ごと強奪していったお詫びだろうか? 入り口に陣取って、お客さんを出迎えてくれるのはうれしいんだけど、戸が閉められんのですが・・・。 おかげで、会館内に蜂やらツバメやらが入ってきて迷惑してるんですけど!(´・ω・`)
 それにしても、団体バスのお客さんにも逃げることなく、撫でられていたので、このまま猫館長に就任していただこうと思っている。 周辺のパトロールも忙しいようで、しょっちゅう鼻やら耳に引っかき傷を負ってくるので、ちょっと心配なのだが、去勢すれば落ち着くのかな~と、手術の段取りをしているとこである。
 名前は、某住職の飼っている、ねこ住職 『 みゃぁ坊 』 と体の柄が似ているので、『みゃぁつー(2)』と呼んでいる。ポケモンのミューツーともひっかけてるんだけどね!
もっといい名前があると思ったそこのあなた!お電話お待ちしています!
 
  怪しい奴は捕まえるにゃ!
2017年6月7日   日直当番:管理人A
 阿智村の、あるお宅を会場に個人グループ向けの薬膳料理教室をしてほしいとの依頼があり、早速行ってきた。 私としては、身近で簡単に日常生活に活かせる薬膳メニューを心掛けているつもりなんだけど、今回は幼児をはじめ、妊婦、働き盛りの夫、思春期の子どもと、年齢や体質がバラバラな家庭のみなさんだったので、
それに対応できるレシピを紹介してきた。
 いよいよ梅雨入りで、寒いんだか暑いんだか、ジメジメのいや~な季節がやっているくが、それに合わせて食材を選べば、大きく体調を崩すことは無いはずだし、 食材の五味五性を知ってるだけでも随分違ってくるに! 『 未病先防 』 『 薬食同源 』これこそ 薬膳学の真髄ですから!
 特にこの時期、胃腸に負担を掛けないことが大事。負担を掛けないとは、早食い・大食い・冷たい物・冷たい飲み物・脂もの・刺激の強い物など、摂りすぎないようにすること。 まっ、当たり前の事しか言ってないけど、マジ そこが大事
薬膳料理教室 : 個人宅にて

ファミリー向け 梅雨の薬膳
2017年6月5日   日直当番:管理人A
 
他のページの更新がちっとも進まなくて、ごめんね、ごめんね~!
なにしろ、サクランボ狩りが始まったとたん、観光バスの襲撃にあっているのである。 昨日の日曜、私用で休ませてもらっていたら、法事に行っていた某住職の携帯に 「 会館が開いてないんですけど?」って、バスガイドさんから怒りの電話が入ったらしい・・・。いつくるとも、何人くるとも連絡もらったわけでもないのに、こちらとしては 『 知らんがな~ 』 の世界である。
 で、某住職は精進落としそっちのけでとんぼ返りしてきたそうな・・・。 
バスガイさんいわく、ほぼ毎日一ヶ月間、ツアーが組まれているらしい・・・
 そんでもって、月曜日の今日、某住職が不在なので、私管理人Aが朝から待機すること丸一日・・・。
『 バス来んじゃん! 』  『 待ちぼうけ~ 待ちぼうけ~ ♪ある日せっせと・・・ 』 って、何回歌わせるんじゃ!
いきなり来るわ、待っとってもくりゃせんわで、どうしろっつーんな!仏様でも怒るに~! (注:仏様は怒りません!) 
 それにしても、バスガイドさんが 住職の携帯番号をなぜ知っていたかは、いまだにナゾである・・・。 
 
 
2017年6月2日   日直当番:管理人A
 ホームページのデザインが気に入らなかったので、作りかえてみたけど どう?。 こんな事にこだわっていると他の事がちっとも進まないので取りあえずこれで良しとしよう!
 さて、瑠璃の里会館の外ベンチに住みつき始めた野良猫を手なずけること一ヶ月、だいぶ警戒心が薄れてすり寄ってくるようになった。なでなでしながらよく見ると、鼻の頭や耳周辺に傷が多い。爪は二か所根元から無くなっている。そんなに大きくない猫なのに、正面から堂々と戦ってるんだな~と感心する。 一方、某住職の飼っている某猫は、後ろ足やらお尻やらをケガして来るらしいが、猫それぞれ性格が違うというものである。
 この野良猫、けっこうな強者で人になでられても平気なところがあるので、瑠璃の里会館の館長に採用してはどうかと、某住職に推薦してみたのだが・・・。 キャットフードをお皿に出して食べさせていたら、いきなり残りのキャットフードの袋に食らいついてそのまま逃走するという暴挙にでやがった! さすが強者、やる事が違うわ~。折角の推薦が台無しである。
 そんな事より、袋の切り口に留めてあった洗濯ばさみ返せ~!  
 そこ?
 
2017年6月1日 大安  日直当番:管理人A
 いや~マジひっさしぶり~!随分ご無沙汰しておりました。  
管理人が、一年半あまり さぼっている間にも ( いや、さぼっていたわけではないのだが )、このHPを訪ねて来られる方がいて、非常に感動しております!と同時に、更新が遅れまして誠に申し訳ありませんでした。
 と、いうわけで、おかげ様で瑠璃の里会館は、平成29年4月で満十周年を迎えることができました。これも皆様方のご理解とご協力の賜物と、こころより感謝申し上げます。
 茶屋 椿も、ゆる~い経営の中で10年間、つぶれることなく続けてくることができましたのも、偏に皆様のお蔭でございます。大変お世話になりました。 しかしながら、様々事情が重なったこともあり、今後は『藥壺堂-やっこどう-』 として活動展開することとなりました。 『 藥壺 』とは、ご本尊のお薬師さまが左手に持っていらっしゃる、薬の壺のことで 『やっこ』と読みます。店の名前には、旧漢字の 『
』 を使っていまが、左右の糸の字は、天然の山繭を表わしています。 そう 繭とくれば猫神様ですよね?  薬師猫神さまにちなんで、旧漢字こだわったわけです。 お薬師さまが藥壺の中から、人それそれに必要な薬を取り出してくれるように、中医学・薬膳学を通して、健康維持・未病先防に役立てるように、また、薬膳素材の販売もできるように、『藥壺堂-やっこどう-』 という屋号にいたしました。 なかなか読めないっちゃ~読めない漢字ではありますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。
 藥壺堂の運営を含め、この業務日誌を通していろいろとお知らせしていきます! こんどは真面目に更新します!  ちゃんとするから! きっとするから! たぶんするから! すると思う・・・ するんじゃないかな・・・ 
 するといいな~ ( 震え声 )   
おいっ!  ← みなさんの突っ込み 聞こえました